ドラゴンボール超131話の放送ネタバレです。今回で遂にドラゴンボール超が最終回を迎えます。長かった力の大会も終わってしまうのですね。

前回、身勝手の極意により、最強のジレンと互角以上の戦いを見せていた悟空ですが、その変身もギリギリのところで解けてしまいましたね。

ピンチを救ったフリーザ、そして自爆したと思われた17号が現れました。生き残るのはどちらの宇宙か。ではドラゴンボール超131話、最終回のネタバレに参りましょう。

スポンサーリンク

ドラゴンボール超131話の放送内容ネタバレ!

 

「奇跡の決着!さらば悟空!また会う日まで!!」

ドラゴンボール超131話ネタバレ(前半)

身勝手の極意の反動で動けなくなり、ジレンに場外に落とされそうになった悟空をギリギリで助けたフリーザ。戦えぬ者を助けることが信頼なのかとジレンはフリーザに問う。

しかしフリーザは悟空を助けたことは保険だと言う。あくまでフリーザはスーパードラゴンボールを自分が頂くことを考えてる。

そして悟空と戦ったジレンに絶対的な強さを感じなくなったと言って、フリーザはジレンと戦い始める。さすがのジレンも息切れをしている。

そしてフリーザが戦っている隙に17号がジレンの背後に回り、自分もろとも攻撃を食らわせる。ダメージを受けたジレンは膝をついて動かなくなる。

 

とどめを刺そうとするフリーザ。しかしトッポの戦えという呼びかけにより復活してしまったジレンは、大きなエネルギー波を放つ。

フリーザは後ろに下がり、17号と必死でバリアを張り、食い止める。しかしギリギリのところでバリアが強くなる。その理由は悟空が復活して後ろで力を加えていたからだった。

そして3人で協力しないとジレンには勝てないとフリーザに言う悟空。そして復活した悟空を見たジレンはまたしても立ち上がるかと笑みを浮かべ、気を高める。

フリーザは悟空に自分を生き返らせる約束を覚えているかと言う。悟空はフリーザが約束を破らない限り、約束は守るという。

 

その言葉によって、フリーザは悟空達と協力することを決める。そして驚くことにフリーザと悟空が協力して一緒に戦い始める。17号は二人の援護に回る。

フリーザは悟空に自分を投げさせ、ジレンに突っ込む。そしてその勢いのままフリーザは自分ごとジレンを場外に落とそうとする。

しかしギリギリでジレンに食い止められる。だが、そこに悟空が飛び込んでくる。フリーザも加勢し二人でジレンを押し込み、3人とも場外になる。

武舞台に一人残った17号。そしてジレンの脱落により、第11宇宙は遂に消滅となる。消えゆく中、トッポはジレンにありがとうと言う。

ジレンはなぜ仲間をないがしろにした、自分に礼を言うのかと思う。悟空は戦うことでお互い強くなれた、そしてジレンにまた会いたいと言う。ジレンはその言葉に笑みを浮かべ消えていった。

大神官は一人残った17号に願いは何にするかと問う。

スポンサーリンク

ドラゴンボール超131話ネタバレ(後半)

力の大会は終わり武舞台に残っている17号が願いを叶えることに。大神官がスーパードラゴンボールで神龍を呼び出した。17号はどんな願いを叶えるのか。

全王様曰くどんな願いも叶うという。ここで17号の出した答えは消えてしまった全部の宇宙を元に戻してくれという願いだった。大神官が神龍にそう告げる。

力の大会に出場し敗北した全ての宇宙が17号の願いにより復活した。キャベはベジータが約束を守ってくれたことに喜び、シャンパは礼は言わないと言いつつも何かを感じているようだった。

ジレンも勿論生き返っていた。悟空が最後にまた会いたいと言った意味を考えている。だが過去にとらわれて生きてきたジレンは誰かと繋がることなど出来ないと思ってしまっていた。

 

だがトッポがジレンを励ます。最後の戦いでジレンは皆の期待を背負って再び立ち上がった。その時に第11宇宙の皆との絆ができたのではないか?とトッポはジレンに問いかける。

そして次は負けないようにしようとトッポは言い、ジレンもトッポにそう言われ考え改めた。一方自分の願いを犠牲にして他の宇宙を助けた17号の元へ18号が駆け寄る。本当にそれでよかったのかと。

しかしいくつもの宇宙を救った自分であれば、仕事と家族くらい自力でなんとかしてみせると17号は言い切った。一方フリーザは今のハッピーなムードに耐えきれないので地獄に戻せと言っている。

悟空は力の大会を乗り切った際にはフリーザを生き返らせるという約束をしていた。それなのにフリーザがそのように言ってきたことに面食らう。しかしここでウイスがフリーザをサクッと生き返らせてしまった。

 

今回力の大会でフリーザはかなりの活躍をみせたので、ビルスが褒美にフリーザを生き返らせることにしたという。しかし生き返っても悪事はやめるつもりはないと言い放つフリーザ。

しかしそれならば自分がまた倒すと悟空は言い切った。そんな悟空の元へ全王様がやってくる。凄く楽しかったと大喜び。一方界王神は17号が他の宇宙を救ったことを意外だと思っていた。

だがそこに大神官がやってきて、全王様はこの展開を予測していたのだと告げにくる。最後まで勝ち残った宇宙は他の宇宙を助けるような徳を持っているはずだと考えていたらしい。

もっと怖い事実は、もし優勝した宇宙が自分本位の願いを叶えていたら、何もかも消滅させてしまうところだったという。今回の大会がお気に召した全王様はまた何かしらの約束を悟空としようとする。

 

軽く返事をしそうになった悟空だが、ビルスや界王神たちが変な約束をしないように口を封じた。悟空はまた全王様と会うという約束を交わし地球に戻っていった。

カプセルコーポレーションに戻り皆で宴。いつもどおりの日常。フリーザはまた部下を連れ宇宙の帝王として生きていくらしい。一方悟空とベジータはブルーに変身しながら喧嘩をしていた。

悟空は身勝手の極意に再度変身することはできないらしい。あの時追い詰められてたから偶然できただけだったという。それを聞いたベジータはそれ以上のパワーを手に入れてやるとやっきになっている。

どうしても悟空を自分の先には行かせたくないらしい。そして2人は喧嘩の続きを始めた。

~ドラゴンボール超131話 終わり~

 

Vジャンプ最新号34話のネタバレはこちら。

>>ドラゴンボール超Vジャンプ34話ネタバレ!クリリン天津飯即退場

ドラゴンボール超131話感想とまとめ

ドラゴンボール超131話の感想ですが、遂に最終回を迎えてしまいましたね。結末は何となく皆の予想通りだったのではないでしょうか。ドラゴンボールで宇宙を復活させるという素直なストーリー。

個人的にはこの大会中にジレンを超えてほしくなかったな、もっと強敵でいてほしかったな・・・というのはありましたが、なんかまだまだ続きそうな最終回だったので満足でした。フリーザも何かしでかしそうでしたし。笑

最後悟空とベジータが岩場で戦っていましたが、あれは2人の立っている位置関係も戦いの構えも2人が初めて地球でバトルした時の光景でしたね。少し感動しました。

アニメの方は終了しましたが、まだまだ映画も控えていますしVジャンプの連載は続いているので、近い内に続編の発表などあれば嬉しいですがどうなるでしょう。(気が早いかな汗)

しかしウイスはフリーザを生き返らせていましたが、悪事をやめるつもりはない人間を天使が生き返らせてもいいものなのか、それはちょっとした疑問でしたね。とにもかくにも最終回を迎えてちょっと残念でした。

スポンサーリンク