ドラゴンボール超125話の放送内容ネタバレです。

もう力の大会も終盤に差し掛かってきましたが、残る宇宙は悟空率いる第7宇宙と第11宇宙になりました。

ジレンは圧倒的な強さ、そして続くトッポもかなりの強敵ですが一体どのような展開になるのか。それではここからがドラゴンボール超125話のネタバレです。

※この先ネタバレ注意。

スポンサーリンク

ドラゴンボール超125話の放送内容ネタバレ!

「疾風怒濤の猛襲!悟飯背水の陣!!」

ドラゴンボール超125話ネタバレ(前半)

悟空とベジータが間髪入れずに攻撃しているのにジレンは汗一つかいていない。ジレンのあまりの強さにクリリンは焦るが、悟飯は自分の父とベジータのことを信頼していた。

そんな悟飯を見たビルスは、この力の大会で大健闘した悟飯を褒めた。一方17号はトッポと戦闘中。17号は人造人間、体力は無限、その特性を活かしてトッポにエネルギー波を撃ちまくる。

トッポに無尽蔵で攻撃し続け、試合終了を待つ作戦だ。しかしトッポはその作戦を見抜いていた。早めに勝負を決めてしまおうとトッポは思い、残ったパワーを振り絞って強烈なエネルギー波を17号に放った。

対する17号もエネルギー波で対抗したが、トッポのエネルギーに押されしまう。そんな中トッポのエネルギーが突然弱まった。フリーザがトッポの背後からビームを撃ち込んだのだ。

 

フリーザはそのまま指からビームを連発し、トッポにダメージを与えていく。17号とエネルギー波でぶつかり合っているトッポは力が弱まり後退するはめに。ここでフリーザはトドメを刺すことにした。

フリーザは更に強力なビームをトッポに放ち、まともにくらったトッポは後ろに吹っ飛んでいく。これで勝負は決まったかと思われたが、第11宇宙の場外席にトッポは転送されていない。

武舞台の端まで吹っ飛んだトッポは、あまりのダメージに一度気絶してしまった。そしてトッポの元へ近寄っていくフリーザ。フリーザは「弱き正義などゴミ」と言ってトッポを罵り始めた。

 

ここでトッポは「正義などいらない」と言って何か覚悟を決めた様子。ジレンやベルモッドもトッポの様子の変化に期待している様子。そしてトッポは体に紫のオーラを纏い始めた。

神達はトッポから神の気が溢れていることに気づいているらしく、トッポの胴体には特殊な紋様が浮かび上がり、目もピンク色に変化していた。その変化を余裕の笑みで眺めていたフリーザだった。

スポンサーリンク

ドラゴンボール超125話ネタバレ(後半)

トッポの様子が明らかに変わった。第11宇宙の神達はトッポの変化を歓迎している様子。紫のオーラをまとったトッポにフリーザはビームをぶつけてみた。

だがフリーザのビームはトッポに当たったところで消えてしまった。この様子を見たビルスはそれが破壊神の持つ「破壊」の力であることに気づいた。トッポは第11宇宙の破壊神候補。

こうして正義を捨てたことでトッポは破壊神へと変化したのだ。だがフリーザは一度破壊の力を退けたことがある。自分にはその力は通用しないとフリーザは余裕を見せる。

そしてトッポの破壊のエネルギーを「こんなもの」と言って受け止め始めたフリーザ。しかしフリーザはそのエネルギーに耐えきれずに消し飛んでしまった。

 

トッポは17号が近くに潜んでいることも見抜いていた。すぐに17号にエネルギー波を連発するトッポだが、明らかに今までよりも威力が上がっていることに17号は気づいた。

それどころか17号がいくらエネルギー波を連発しても、トッポが瞬時に破壊の力を身にまとってしまうため、全てかき消されてしまう。トッポの突進によって17号は岩場に吹っ飛んでしまった。

エネルギー波も通用せず、バリアも破壊されてしまうので17号は少しショックを受けていた。しかしどこかに弱点はあるはず、そう信じ17号は再び戦いを再開する。

ここでトッポはまた破壊のエネルギーを飛ばしてきた。何とか17号はそのエネルギーを回避したが、ビルスはトッポが「破壊」を使うには少しタメがいることに気づいていた。

しかしそれを知ったところでトッポは体に破壊の力を纏っている。触れることも難しいのだ。17号はかなり追い詰められるが、ここで破壊の力を耐えきったフリーザが登場。

 

相当なダメージを受けている様子だが、フリーザはトッポにムカついたらしく特大なエネルギー弾をトッポに投げつけた。だがトッポが指で弾いた小さな破壊の力でフリーザのエネルギー弾は消滅してしまった。

その後トッポはフリーザに接近し強烈なボディを叩き込み、頭部を掴んでフリーザを苦しめる。そして岩場に叩きつけられたフリーザは地面を転がる。トッポはそんなフリーザをゴミ扱いした。

そのまま場外へフリーザを蹴っ飛ばしたトッポだが、17号がフリーザに岩を投げつけたので何とか場外は免れた。ここから17号はトッポと一対一で戦わなくてはならない。

対峙している17号に向かって何度やっても無駄だと忠告するトッポ。しかし17号はまだ勝負は分からないと言ってやるだけやってみる姿勢を見せる。そしてエネルギー波を撃つ体勢へ。

まだ17号に戦う意思があることを確認したトッポもエネルギー波を撃つ体勢へ。二人の戦いは今後どうなるのか。

~ドラゴンボール超125話ネタバレ。終~

 

Vジャンプ最新号32話のネタバレはこちら。

>>ドラゴンボール超Vジャンプ32話ネタバレ!サダラ軍と盗賊カリフラ

ドラゴンボール超125話感想とまとめ

トッポが破壊神になりましたね。この状態はどれくらいの強さになるのでしょうか。ベルモッドやジレンと比較してどれほどの強さなのか、フリーザを軽く倒していたので少し気になります。

そんなフリーザですが、今まで結構余裕の姿勢を保ってきたのに今回はズタボロにやられましたね。17号によって延命しまだ舞台にいるので、今後もまだ何かしらの動きはみせてくる予感がします。

そして更に気になるのが17号のクールさ加減(笑)。トッポが破壊神になってやばめの変化を遂げたにも関わらず、全く焦った様子を見せない17号さんの心境が知りたいです。

次週はベジータがトッポと戦っていたので17号は敗れてしまったのでしょうか?とにかく来週どうなるのか楽しみです。

スポンサーリンク