vlcsnap-2016-05-26-08h49m39s444

第6と第7宇宙の格闘試合でベジータが2連勝の活躍を見せるVジャンプのドラゴンボール超。

今回は同じサイヤ人のキャベとの対戦となります。絶好調の戦いを見せるベジータはどこまで勝ち進むのか必見です。

そして、今回は悟空が意識していた戦士、ヒットも遂に戦いに登場します。

では、Vジャンプ7月号の一部始終のネタバレをまとめていきます。

スポンサーリンク

ドラゴンボール超Vジャンプ7月号ネタバレ!

20160525_034703

ベジータVSキャベ

キャベは巧みな格闘術と太陽による逆光などを使う知的作戦でベジータを翻弄しダメージを与える。

ベジータも攻撃をし、ダメージを与えるが、ノーマル状態では自分に匹敵する強さだと評価する。

ベジータは、全力でかかってこいと言ったはずだ!と言い、キャベにスーパーサイヤ人になることを要求する。が、しかしキャベはスーパーサイヤ人に変身することが出来なかった。

そして、更にベジータにスーパーサイヤ人に変身する方法を教えてと言ったのだった。

しかし、その甘い考えに激怒したベジータは、スーパーサイヤ人に変身し、痛めつける。降参しようとしたキャベに、そうはさせない非情さも見せるのであった。

 

キャベ、スーパーサイヤ人に変身

ナッパを倒す時の再現のように誇りの無いサイヤ人は必要ない!と言って、残りのサイヤ人、そして惑星サダラも消すと言って、またナッパを倒す時の必殺技も放った。

20160525_034800-horz

だが、サダラを攻めると言われたキャベは、「サダラは関係ないだろ」と激怒し、そこでスーパーサイヤ人に変身するのであった。

そして、怒ったキャベは、無我夢中でベジータと戦い始める。「そうだ、それでいい」と言ったベジータは、スーパーサイヤ人になる感覚は怒りだと教え、一回解いた変身をもう一度させて、勘を覚えさせる。

トレーニングを積めばここまでいけると言って、スーパーサイヤ人ブルーに変身し、キャベを一撃で倒した。

ベジータがキャベにスーパーサイヤ人に変身する方法を教えたのは、同じサイヤ人に出会ったのが、懐かしかったのだろうとピッコロは解釈し悟空に言った。

ベジータの連戦連勝により、遂に第6宇宙の代表の最後の戦士、最強のヒットが登場する。

 

ベジータVSヒット

20160525_035120 (1)

対戦開始からいきなりスーパーサイヤ人ブルーに変身したベジータであったが、ヒットと向かい合ったまま動かない。

最初に攻撃に向かったのは、ベジータであったが、逆に一撃もらってしまった。その後も攻撃をするベジータであるが、次々に攻撃を喰らってしまう。

驚くべきことにヒットの攻撃は、悟空達も含めて誰にも見えていない。悟空は目の良いジャコに見えているか聞いてみるが、ジャコは見えない、というより動きの途中で完全に消えていると答えた。

そんな話をしている間にベジータはヒットの攻撃を受けてスーパーサイヤ人ブルーの変身が解けて、気絶し、敗北してしまった。銀河王は「時とばしかも」と言った。

スポンサーリンク

ヒットの能力:時とばし

時とばしとは、ほんのわずかだけ時間を飛ばせる人間が存在するらしい。その時間はわずか0.1秒ほど。

ヒットほどのスピードで動ける人間には0.1秒の時とばしであっても、十分に相手から攻撃を受けずにダメージを与えることが出来るのだ。

時間のコントロールは銀河法違反の技であるようだが、ジャコと銀河王は命が惜しいから逮捕することはやめて、見なかったことにするのであった。

クリリンからもらった仙豆により復活したベジータに次対戦する悟空は、アドバイスをもらおうとするが、ベジータは「ない、がんばれ」と答えた。

ウイスは自分と同じ力を持つ人間がいることに驚いていた。ちなみに復活のFで時を戻した能力がウイスの持つ時間のコントロールの力である。

ビルスは同じ類の力を持っているのであるから対処法を教えてこいと言うが、修行の一つとして自分で対処させることにする。ここで発覚するのは悟空・ベジータを発奮させる為に何でもない人間モナカを連れてきたことが分かる。

驚きを見せるピッコロは、つまりこの試合が事実上の決勝戦だと言うことに気が付く。

 

悟空VSヒット

20160525_035242 (1)

手を合わせてぺこりとお辞儀をし、よろしくと悟空が言ってから、試合開始の合図がされる。そしてヒットは変身を忘れているぞと言うが、体力の消耗が激しいから後にすると悟空は言った。

ヒットを倒す方法が見つかっていないからできるだけ時間を稼ぎたいのである。そして殴りかかった悟空であったが、ベジータ同様に悟空もヒットの一撃を受けてしまった。

降参を進めるヒットだが、悟空は今の一撃でヒントが見えかけてきたから降参しないと言った。ヒットは「ほう」と笑みを浮かべて言ったのであった。

ここまでが、Vジャンプ7月号の内容になります。

 

ベジータの弟子キャベ

特にベジータがキャベを弟子にしたという言葉は本編の中には出てきていませんが、ベジータが他人相手に稽古をつけると言うのは、それほど珍しいことだと思います。

この関係で進むのであれば、これからもベジータはキャベに何か教えていくストーリーがあっても良いように感じました。

今後ベジータが見せた、スーパーサイヤ人ブルーにキャベも変身できるようになっていく展開が見られるのであれば、ベジータにとっては、良い戦い相手が出来るのではないでしょうか。

これからキャベがどこまで強い戦士になっていくのか描かれればもっと面白くなっていくと予想しています。

 

まとめ

スーパーサイヤ人ブルーに変身したベジータがあそこまであっさり負けてしまうとは、ヒットの強さの次元も相当なレベルだと伺えます。

Vジャンプのドラゴンボール超はアニメと違い一カ月ごとの連載になる為、1話ごとの戦いがあっさりと終了している気がします。

なので、次回の8月号で悟空とヒットの試合も決着を迎えるのでは、と予測しています。

8月号の連載も見逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク