ドラゴンボール超75話の放送ネタバレです。

修行相手の都合が悪く、クリリンの元に行く悟空。二人は昔を思い出し亀仙人に稽古をつけてもらうことにする。その修行中、懐かしの敵キャラが勢ぞろいする話になっています。

その中には少年時代にクリリンの命を奪ったタンバリンも登場しています。ではさっそくドラゴンボール超75話のネタバレに参りましょう。

スポンサーリンク

ドラゴンボール超75話ネタバレ!

75話タイトル「悟空とクリリン 懐かしの修行の場へ」

ドラゴンボール超75話前半ネタバレ!

悟空に修行をさせながら畑を耕させることにしたチチ。その様子を悟飯に見せている理由は修行相手がいないからである。

ウイスは界王神・破壊神合同サミットに、ベジータにはにらみつけられ、ピッコロはデンデの元に言っている為、付き合ってもらえない、だから悟飯に相手をしてあげてもらいたいということであった。

それなら悟天が・・・と言うとチチが赤いオーラを出して、悟飯は察する。悟飯はこの人が残っているとグレートサイヤマンに変身する。どうしたと悟空は言うが、悟飯はグレートサイヤマンになりきっている。

遠慮せずにと言われ、悟空は飛び出す。最初の一撃は試したと言って、互いにスーパーサイヤ人に変身する。変身の際グレートサイヤマンのマスクが取れて、もはや悟飯でしかない。

激しい戦いになり、結局畑を破壊してしまったため、チチに怒られて稽古は中止になる。よそでやれと叱られた悟空は次にクリリンの元に行く。

クリリンは強盗逮捕の最中で強盗の拳銃をくらいケガをしていた。急に現れた悟空は一瞬で捕まえて、強盗逮捕に協力する。悟空と共にクリリンは家に帰る。

今更自分が相手しても物足りないし、俺は警官なんだと言うクリリン。しかし、18号には弱い男と、マーロンには強いパパが良いと言われクリリンは悟空に相手してくれと逆にお願いする。

庭で組手をしていると二人で亀仙人の元で修行していた時代を思い出す。そしてどうせなら亀仙人の所で修行しようとなる。

ドラゴンボール超75話後半ネタバレ!

二人で亀ハウスに向かう悟空とクリリン。その格好似合うなと悟空は言うが、クリリンは武道家に戻るわけではなく、強盗の弾をくらうような自分を鍛えたいらしい。

クリリンは亀仙人にまた修行してほしいと頼み込む。悟空も亀仙人に修行を受けてもらう。クリリンを悟空の相手となるべく鍛えてほしいという。

警官という職務に役立てたいクリリン。そこで亀仙人は動きにくい着ぐるみを着せ、舞空術は禁止、スーパーサイヤ人も禁止。

悟空は不服そうだが、とりあえず組手が始まる。クリリンはガンガン攻め込んでいく。悟空は動きにくい着ぐるみを着ているはずなのに、全然当たらない。だがクリリンは物凄い疲れてしまった。

スポンサーリンク

次の修行はお使い

いい修行になったと言う悟空。だがクリリンは夜な夜な海の前で迷い、まっすぐ前に行きたい思いと、何をしたら良いのか分からない、という二つの迷いで葛藤しているのだと亀仙人は後ろから声をかける。

次の朝はお使いが修行だった。何でも亀仙人ももう年なので薬草を取ってきてもらいたいのだという。極楽草という薬草で、二人に競争するように言う。

極楽草は森の奥深くにあり、勝った方は亀仙人秘蔵の写真集が手に入るらしいが、悟空はいらないと言った(笑)。だが亀仙人は気をパワーアップする秘訣を教えちゃおう、と言うと悟空もクリリンも乗り気に。

変わらないな亀仙人のじっちゃん、と悟空は言う。しかしクリリンは悟空も変わらないと言った。変わったのはそれぞれの強さなんだ・・・としみじみ言うクリリン。悟空はまいっか!と気にしていない様子。

二人が森に着くと占いババが突然現れる。二人は占いババの名前をしっかり覚えていなかった。極楽草をどちらが先にゲットするか見張る役目なのだという。

二人が走っていると占いババが用意した口の中に入るように言われる。薄気味悪い空間にたどり着く二人。そしてクリリンが水たまりに足を踏み込むと・・・なんとセル、フリーザ、ギニュー特戦隊、ナッパ、更には少年時代にクリリンの命を奪ったピッコロの手下・タンバリンも現れ、クリリンは嫌な記憶を思い出し尻餅をついてしまう。

極楽草の修行でタンバリン登場

ドラゴンボール超以前に登場したキャラクター、「タンバリン」が登場するとは意外でしたね。懐かしかったです。

天津飯が初めて登場した天下一武道会の後、疲れた悟空の代わりに荷物を取りに行ったクリリンは、ドラゴンボールを集めていたピッコロ大魔王の手下タンバリンと出くわして命を奪われています。

天津飯との戦いで力を出し切っていたとはいえ、敵討ちに行った悟空を返り討ちにするほどの実力を持っていました。

その後回復し、結局フルパワーになった悟空には楽々倒されましたが、今思えば生命の危機から復活する度に力の高まるサイヤ人の特性がここでも発動していたのかもしれません。

ビビるなよ・・・クリリン。笑

確かにクリリンにとっては初めて命を奪われた相手なので、苦い思い出、トラウマ的存在なのかもしれません。

ただ・・・、今更タンバリンごときにビビるなよ!というのが正直な感想です(笑)。あれからナメック星でフリーザと死闘しましたし、なんだかんだベジータ襲来の時から何気にクリリンは最前線にいました。

ピストルで怪我したり、復活のF編では雑魚扱いされたり、ちょっと可哀想ですね。実際悟飯はナメック星で共にしたクリリンを、頼れる兄貴的存在と思ってもっと慕っていく設定でもいいくらい、クリリンは人間的に良い人物だと思っています。

また家族内の株が上がるように応援しています。笑

※ネタバレ注意!

2017年のドラゴンボール超は熱いです!

なんと2月5日より最新章の「宇宙サバイバル編」なるストーリーが放送されます。どんな内容なのか?

久しぶりのキャラや、そろそろ本気出してくれ!といったキャラも登場し、活躍しそうです!!
中にはブロリーに似た女戦士も・・・

>>ドラゴンボール超宇宙サバイバル編?新章の最新情報ネタバレ

>>ドラゴンボール超に女ブロリー登場!正体は第6宇宙のサイヤ人?

ドラゴンボール超75話まとめ

最後に敵キャラが勢ぞろいしましたが、その中に地球に来た当時のベジータがいたのはちょっと笑えました(笑)。悟空もツッコメばいいのに・・・って感じです。笑

今では地球で一緒に戦うキャラになっていますが、最初はナッパと共に登場した凶悪な敵として登場したベジータ。鳥山先生曰く、こんな変な髪型のキャラが人気出ると思わなかったと、最初はただの悪役で終わらそうとしていたらしいです。

今回登場したのはその頃のベジータでしたが、付録でナッパもついています。笑

登場していた敵キャラの中で、クリリンの戦闘力で倒せる相手は、ギニュー特選隊くらいまでですかね。ギニュー隊長は中でも強いので無理なのかどうか・・・。

でも今ではタンバリンはさすがに楽勝ですし、苦い思い出を払拭してもらいたいですね。ていうか、悟空が隣にいたらある程度誰が来ても怖くない気も・・・、そんな感じの75話でした。笑

スポンサーリンク