ドラゴンボール超105話の放送ネタバレです。

105話では亀仙人が第4宇宙の敵と戦うようです。亀仙人と言えば、悟空とクリリンの師匠であり、多彩な必殺技を持つ格闘家です。

今回も色んな必殺技を使ってくれそうです。それでは早速ドラゴンボール超105話の放送ネタバレに参りましょう。

※この先ネタバレ注意

スポンサーリンク

ドラゴンボール超105話の放送内容ネタバレ!

タイトル「奮戦!武天老師命を燃やす!!」

ドラゴンボール超105話ネタバレ(前半)

歩いて、様子を見ている亀仙人。もう戦士たちも半分は減ったかと考えてると突然第4宇宙の女戦士から攻撃が飛んでくる。攻撃を避けた亀仙人は、お嬢ちゃんでは自分に勝てないと言い切った。

しかし、煩悩を消したはずの亀仙人であるのに、相手の色仕掛け攻撃にハマってしまう。寸前のところで正気に戻った亀仙人は、相手が出した気の槍の先端をつまみ、折る。

そして、煩悩を消し、力がたぎっている亀仙人の威圧感にビビり、第4宇宙の女戦士は場外へ逃げて行った。第4宇宙の敵をまず1人倒した亀仙人。

次に現れたのは、第4宇宙の札術使い。幻術にかかり走り抜けた先で影を縫いつけられ逃げ場が無くなった亀仙人。このような力関係抜きに厄介な相手は自分が相手をしなくてはならない、そう考えていた亀仙人。

 

悟空たちのような戦士は力のぶつかり合いには滅法強い。しかし目の前の札術使いのような敵を惑わす戦士は苦手。経験豊富な亀仙人はこういう相手こそ自分が倒さねばならないと思っていた。

そして魔封波を使い相手を封じ込める。その瓶を場外にぶん投げて2人目を亀仙人は倒した。道具を使い反則したとビルスに文句を言う第4宇宙破壊神キテラ。

もみ合いになったところで、全王様に面白いからセーフと言われ、その場は丸く収まる。そして仲間を2人倒され怒った第4宇宙の戦士ガノスが亀仙人の前に現れる。

そして変身し、筋肉隆々な大きな鳥の戦士に姿を変えた。

スポンサーリンク

ドラゴンボール超105話ネタバレ(後半)

他の第4宇宙の戦士を亀仙人に倒されキレたガノスは変身した。怒りのまま亀仙人に向かっていくガノスだが、あまりに直線的な攻撃な為、技を見切っている亀仙人に打撃が当たらない。

パワーもスピードもガノスの方が上。しかし亀仙人の方が経験は上。ガノスは技をことごとくかわされた挙句亀仙人の反撃を受けてしまう。だがここでガノスは更にキレた。

ガノスは力の大会という戦場で一分一秒の間に常に成長していた。その場で更に強さを増していき、ガノスは遂に亀仙人をボコボコに殴り始める。

 

亀仙人はこのままガノスを放っておいたらドンドン強くなり、悟空たちの足元を救いかねないと判断し、催眠術でガノスを眠らせようとする。しかしガノスは催眠術にかかるまいと亀仙人を咄嗟に攻撃する。

これにより亀仙人は後方に吹っ飛び大ダメージを受けてしまう。しかし限界を超える大事さを教えてくれたのは自分の弟子たち(悟空やクリリン)だと亀仙人は自分を奮い立たせ、本気のかめはめ波を放った。

 

この強烈なかめはめ波を受けたガノスは場外負けに。しかし亀仙人はかめはめ波の反動で倒れてしまった。それを見ていた悟空はすぐに亀仙人の元へ駆けつけ、亀仙人の動いてない心臓に衝撃を与え続ける。

悟空が何度も心臓を刺激し、何とか亀仙人は息を吹き返した。ホッとして涙を流す悟空。亀仙人は立ち上がり悟空の肩に捕まりながら戦場に戻っていった。

力の大会試合終了まで後34分。

〜ドラゴンボール超105話ネタバレ。終わり。〜

 

※Vジャンプ最新号のネタバレはこちらから

>>ドラゴンボール超Vジャンプ27話ネタバレ!悟空らはビルスの強敵

ドラゴンボール超105話感想とまとめ

ドラゴンボール超105話では亀仙人が大活躍していました。今更亀仙人がどうやって力の大会で健闘できるのか気になっていましたが、うまい具合に魔封波やよいこ眠眠拳などの術的な技で相手を翻弄していましたね。

実際にガノスが亀仙人の憶測どおり、この力の大会中だけで悟空たちの障害になるレベルまで成長してしまうのだとしたら、はっきり言って一番の強敵はガノスになるのではないでしょうか。成長速度が異常。(笑)

亀仙人が今回のように戦っている間、ベジータやフリーザたちはどこでどんな戦いをしているのかが非常に気になります。力の大会も後34分。まだ半分も時間は経過していません。

このままある程度弱い敵たちを倒していって、ジレンやヒットたちと今後戦うようになっていくのだと思いますが、今のところまだ展開が全然読めないですね。

続くドラゴンボール超106話も要チェックです。

スポンサーリンク