ドラゴンボール超101話の放送ネタバレです。

圧倒的な強さで暴走しまくっていたケールですが、プライド・トルーパーズのジレンによって簡単に食い止められてしまいました。

底の見えない強さのジレンですが、100話の最後ではジレンの前に悟空が立ちふさがりました。その後の展開はどのようになるのか?

それではドラゴンボール超101話の内容ネタバレです。

※アニメを見る方はネタバレ注意

スポンサーリンク

ドラゴンボール超101話の放送内容ネタバレ!

タイトル「迫りくる正義の戦士、プライド・トルーパーズ!!」

ドラゴンボール超101話ネタバレ(前半)

ジレンによってあっけなく暴走を止められてしまったケール。カリフラが駆けつけた後ケールは目を覚ましたが、暴走中の記憶はなかった。

悟空はジレンに自分と戦えと話しかける。しかし横からトッポが現れ悟空に不意打ちをしてしまう。悟空の相手はプライド・トルーパーズの選抜メンバー5人がするので、自分たちは体力を温存しようとトッポはジレンに言って二人は去っていった。

そして悟空の前にその選抜メンバーのプライド・トルーパーズの5人が現れた。ケールはプライド・トルーパーズのメンバーを一人倒していたので、悟空以外にケールも標的にされてしまう。

その頃亀仙人は懐かしの萬國驚天掌(ばんこくびっくりしょう)を、天津飯は気功砲を放ち敵を倒していた。ケールの暴走で一時はぐれていた第七宇宙の面々だったが、フリーザ含め全員再度集合していた。

 

悟空はプライド・トルーパーズの5人と戦いを繰り広げていたが、自身の体重をコントロールできる戦士にしがみつかれ、身動きがとれない。

カリフラもプライド・トルーパーズの戦士に向かっていくが気功弾の集中攻撃を受け、カリフラを心配して駆けつけたケールも隙をつかれて捕獲されてしまう。

敵を手玉にとり高笑いを浮かべるカーセラルだが、人造人間なので相手に気配を悟らせない17号・18号がカーセラルを不意打ちし、2VS1という展開になる。

スポンサーリンク

ドラゴンボール超101話ネタバレ(後半)

カーセラルは単身で17号・18号コンビに向かっていき、猛攻撃を仕掛け、ダメージを与えたかと思いきや、17号はバリアで攻撃を完全に防いでおり、18号はその隙に身動きの取れない悟空を助けに向かった。

悟空と合流した18号は、向かってくる戦士を持ち上げて転がし、場外へ落とした。残った一人は悟空たちの前から一時退散し、メンバーの一人がやられたことをカーセラルに報告し、カーセラル自身も一時17号の元から去っていった。

メンバーが一人減ってしまったプライド・トルーパーズの四人は一旦集合し、確実に仕留めることができるカリフラとケールの元へ行き、自分たち、カリフラたちを特殊な気の空間で囲ってしまった。

中の気が外にもれないようシャットダウンされており、外野にいる17号たちはプライド・トルーパーズやカリフラたちの気を探ることができない。カリフラはケールを守るために自分を犠牲にして前に出る。

 

そんなカリフラを見たケールは自分の不甲斐なさに絶望し、悲しみの末、今度は暴走ではない超サイヤ人になり、しかもパワーをコントロールすることに成功する。続けてエネルギー波で攻めてくるカーセラルたち。

カリフラとケールも対抗しエネルギー波を放つが、次第にケールは超サイヤ人から暴走状態の変身へと変わっていき、圧倒的パワーでカーセラル含むプライド・トルーパーズの面々を場外へ落とすことに成功した。

ケールは暴走状態のままでもスーパーパワーをコントロールすることに成功していたが、やはり反動が大きすぎたのかすぐに気絶してしまった。これでプライド・トルーパーズのメンバーもかなり減ってしまった。

悟空はダメージを追っているカリフラとケールを敵であるにもかかわらず逃してしまった。理由はこの二人はまだまだ強くなるから、ということらしい。

〜ドラゴンボール超100話ネタバレ。終わり。〜

 

※Vジャンプ最新号のネタバレはこちらから

>>ドラゴンボール超Vジャンプ26話ネタバレ!ピラフの未来が謎

ドラゴンボール超101話感想とまとめ

今回はプライド・トルーパーズのジレン・トッポなどを含め5名がサクッと退場となってしまいました。トッポたちは体力の温存などと言っていましたが、40分ちょっとのバトルロワイヤルでも体力の温存が必要なんですね。

遂にケールも暴走状態のコントロールが可能になり、強大なパワーを発揮していましたが、体が筋肉で何回りも大きくなるのは良いとして、身長まで巨大化するのは結構謎な変身だと思いました。笑

第七宇宙はまだ退場者はクリリンのみ。プライド・トルーパーズとは次いつ戦うのか分かりませんが、やはりトリはジレンとの戦いになるのでしょうか。

個人的には今回の101話でフリーザが第七宇宙のメンバーに溶け込んでいましたが、これが不気味でならないです(笑)。

対抗できそうなベジータが一緒にいるから暴走されても少し安心できるものの、いきなり裏切りそうだし、絶対に味方にしたくないヤツですね。個人的にはフリーザ好きなんですけど。笑

スポンサーリンク