ドラゴンボール超100話の放送ネタバレです。

100話では遂にバトルロワイヤル中にケールが暴走し、変身してしまいます。他の宇宙の戦士たちの戦いは細かく描かれていませんが、そろそろたくさんの脱落者が出てきてもおかしくないはず。

今回は第七宇宙からケール以外にカリフラも悟空と戦い、サイヤ人同士の戦いが繰り広げられますが一体どのような展開になるのか。ドラゴンボール超100話のネタバレです。

スポンサーリンク

ドラゴンボール超100話の放送内容ネタバレ!

※アニメを観たい人はネタバレ注意!

ドラゴンボール超100話ネタバレ(前半)

第七宇宙からクリリンが脱落した。武天老師はまだ9人にいると考えることで皆に落ち着きを与えていた。クリリンはしょんぼり。第七宇宙が少しピンチに。

ベジータはボタモとマゲッタのコンビに苦戦しているが、そんなベジータの元へ「師匠」と呼ぶキャベが現れ、ベジータを追い詰める。

他に第六宇宙のケールもバトルの最中だったが、敵に囲まれ頭を捕まれボコボコにされる。ただひたすら打撃をくらうケール。そして遂には意識を失ってしまった。

 

場外にふっとばされそうになったところにカリフラが現れケールを助ける。カリフラは自分の仲間を傷つけた敵たちに怒りを向け、ケールを痛めつけた二人をボコボコにする。

そのまま敵をバックドロップ(ブレーンバスター?)で場外に落とし、すぐにケールの元へ駆け寄る。「どうして本気を出さないんだ?」と優しく声をかけるカリフラ。

カリフラは次のターゲットを悟空に決め、ケールと一緒に向かった。

 

悟空にブルーの変身の仕方を聞きに行くカリフラ。しかし悟空は、まだカリフラにはブルーは無理じゃないか?と実力不足を指摘する。

カリフラはナメられたと思い筋肉を膨らまして悟空にタイマンを挑む。悟空をおっさん呼ばわりするカリフラだが、悟空に向かっていっても簡単に反撃をくらう。

ここで悟空はまずカリフラの目指すべき変身として、超サイヤ人2に変身し、実演してみせる。その変身を見たカリフラは「それは!?」と目を丸くして驚いていた。

スポンサーリンク

ドラゴンボール超100話ネタバレ(後半)

カリフラは以前超サイヤ人2に偶然変身したことがあり、悟空にどうやって変身しているのかを興奮して尋ねる。しかも悟空の変身を目にしたカリフラは、それだけで超サイヤ人2に変身できてしまった。

悟空いわく、この戦いの中で超サイヤ人3になれるくらいの力をカリフラは秘めているらしい。そして二人は激しい肉弾戦へと移る。カリフラの猛攻を防御し、簡単に反撃する悟空。

カリフラも悟空との戦いを楽しんでいる様子。ケールはカリフラの援護をするためにエネルギー弾を放つが、悟空は「わりいけど邪魔しないでくれよ」と言う。ケールは思わず謝ってしまう。

 

そしてカリフラも自分のことを邪魔に思ったと感じたケールは、自分をほうってカリフラと二人で戦う悟空に嫉妬を抱いてしまう。そしてケールはブロリーのような状態になり変身した。

ケールの本気を見て悟空は感心してしまう。ベジータは本来のサイヤ人そのものかもしれない、とかなりケールのことを脅威に感じている。そしてケールは悟空と激しい肉弾戦へ。

圧倒的なパワーで「孫悟空!!!」と連呼しながら攻め続けるケール。流石にヤバイと思った悟空はブルーに変身しケールにかめはめ波を放つ。しかしケールはかめはめ波を物ともせず歩き悟空に接近。

力を制御できないカリフラは体から無数のエネルギー弾を乱れ打ちし、武舞台にいる全員に被害が及ぶ。他の宇宙の戦士もケールを止めるべく戦うがすぐに脱落させられてしまう。

ケールの暴走とパワーを見たジレンはカリフラにエネルギー弾を放ちすぐにケールの変身を解いてしまった。圧倒的な超サイヤ人に変身していたケールを簡単に気絶させてしまったジレン。

そこに悟空が笑顔で近づきジレンと対峙する。

〜ドラゴンボール超100話ネタバレ。終わり。〜

 

※Vジャンプ最新号のネタバレはこちらから

>>ドラゴンボール超Vジャンプ26話ネタバレ!ピラフの未来が謎

ドラゴンボール超100話の感想。ケールを一瞬で。圧倒的な強さだったジレン。

ドラゴンボール超100話ですが、暴走したケールがあっという間にジレンに敗れ、「えっ?」と思った方も多かったのではないでしょうか。エネルギー弾一発でケールを鎮めてしまったジレン・・・。

これだけ見ると半端ではない強さに感じますが、もしかしたら悟空もこれくらいのことは出来たのかな?と少し思っています。素質があるとはいえカリフラも発展途上でしたし、ケールもまだ若そうなので、悟空たちほど自分を磨いてなさそうです。

それにしたって皆が一瞬脅威に感じた暴走ケールを、簡単に鎮めてみせたジレンの強さはすごそう。単純な比較で言えば、ブルーになった悟空のかめはめ波でもびくともしなかったケールを、ジレンは一発のエネルギー弾で気絶させてますからね。笑

悟空が最後ジレンの元へ向かい対峙していましたが、こんな時でもニヤけている悟空。(宇宙をかけた戦いなのに緊張感なし。笑)

グレイ系宇宙人風のマッチョであるジレンは見た目からして強そうですが、悟空との戦いはやはり実力が拮抗するのでしょうか?とりあえず次週の101話が楽しみです。

スポンサーリンク